建築会社を選ぶ

土地の形状や大きさによる価格の違い

狭小地は、正方形でなくても長方形である場合が多いです。一方で狭小地は狭いうえに土地の形状が三角形などいびつなものも多く建てる住宅も限られているのです。周辺に既存の住宅が立ち並んでいる場合工事には通常以上の配慮が必要になります。とはいえこういった土地は周辺の土地相場よりも安い坪単価で販売されていることが多いので、活用の仕方によってはお得に住宅を建築することができるのです。どちらかというと横に空間を広げることができないので縦に空間を有効利用する必要がありこういったデザインが得意な会社で住宅を建築する必要があります。

狭小地に建てる場合の建築会社の選択

狭小地とはいえ通常の土地と同様に道路斜線制限、容積率など住宅を建てるうえでの制限も存在します。このような限られたスペースに住宅を建築する場合にはハウスメーカーはお勧めできません。 ハウスメーカーの設計には注文住宅とはいえ制限があるのです。さらにハウスメーカーは空間を横に利用するという考え方で住宅を設計しています。ですから廊下やホールなど狭小住宅では極力排除したいスペースを作る必要があるのです。更にモジュールが決まっていてその半分もしくは四分の一の長さでしか建物の設計が行えず空間が無駄になってしまうのです。 一方で設計士事務所などの中には狭小住宅の建築を得意としている会社も多いのです。こういった会社では空間を縦にうまく活用する方法を知っていたり自由にデザインすることができるのです。ですからより快適な住宅を建築することができるのです。一般的に設計事務所での建築はハウスメーカーよりも高額になることも多いです。しかし土地の購入費用を抑えることで建物に費用をかけることができるのです。結果的に狭小地でも満足のいく理想の住宅を手に入れることも可能なのです。