狭い土地に造る

工夫することで得られるメリットとは

狭小地は環境的にも優れている場合が多く、利用価値が高い場合があります。 そのような土地に家を建てるにはそれなりのテクニックが必要となります。 これに特化した建築家も存在します。矩形であればほぼ問題がありませんが、三角や鋭角になっている敷地の場合には家相や風水に基づく問題処理の手法が求められます。 狭小地の場合には建築面積が狭い分、地上3階建て以上にしたり地下室を設けたりすることもあります。場合によっては屋上部分にも出られ、緑地化することでエコな生活、省エネ化することも可能となります。 空間の利用の仕方も工夫次第で便利でかつ有効な生活が出来るようになります。 価格は割高になりがちではありますが、間仕切り部分を少なくしたり、建具の数を減らしたりすることで経済的な価格で仕上げることも可能です。

現在の取り組みやトレンドについて

現在狭小地に建つ狭小住宅の分野にハウスメーカーなども参入して来ています。 ハウスメーカーはこれまでの独自の工法などを開発してきていると見え、それと大手のメーカーでは建築家的な立場の設計士も見られるもので、狭小住宅にも取り組んでいると見られます。 特長としては狭小地は面積が狭いために建物内部が暗くなる可能性があります。その為にアクリル板とかガラスを多用して太陽光を多く取り入れる工夫がなされています。中には全面あるいはそれに近い状態のものも見受けられます。 間口1間前後という住宅も見られ、この単位の手法を会得しておくとたいていの住宅にも対応できるようになると思われます。 専門家にとっては北側斜線や道路斜線などの法的な制限に柔軟に対応できるようになっていて計画することはたやすいものです。